水戸部七絵 Nanae Mitobe



神奈川県生まれ

2011年名古屋造形大学卒業

2019年 ホルベイン・スカラシップ奨学生

2016年~現在 阿佐ヶ谷美術専門学校非常勤講師

2021年 東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画 在籍


現在、千葉のスタジオを拠点に作家活動を行っている。

2021年から東京藝術大学大学院美術研究科絵画専 攻油画 (油画第一研究室) 在籍、画家 小林正人を師事する。以前から描く対象として象徴的な人物の存在 を描いたが、2014年のアメリカでの滞在制作をきっかけに「DEPTH」シリーズを発表。2016年の愛知県美 術館での個展を開催し、2020年に愛知県美術館に「I am a yellow」が収蔵される。近年は、寺田倉庫に新 設されたコレクターズミュージアム「WHAT」に高橋コレクションから出展、2020年「VOCA展2021」で 鎮西芳美氏(東京都現代美術館)に推薦され、VOCA 奨励賞を受賞した。



 

現代アーティストのアトリエに訪問し、インタビューをする動画シリーズ " IN THE ATELIER " の最初のゲストは、水戸部七絵さん。 のどかな田園風景の中に佇む、彼女のアトリエを訪問。大量の一斗缶と、制作途中の作品が並ぶ空間には、元工場を感じさせるクレーンや数十キロに及ぶダイナミックな彼女の作品を扱う、ハンドリフトなど多くの機器が見られる。 絵の具まみれになった作業服で現れた彼女が語る、顔を描き続けてきた理由、そしてニューノーマルの中で見つけた新しい表現とは。